白木の位牌を使い続けることについて

白木の位牌を使い続ける事について

白木の位牌とは、葬儀の時に使う位牌で、無地の白木に筆で戒名などを書いたり、戒名などを書いた紙を貼り付けたりするものです。

葬儀の時に使うものは、予め準備しておいたようなものは使いません。死ぬことを待っていたかのように思われるからなのです。そういう意味では白木の位牌は無地の物であり、亡くなって初めて準備する物なのです。

白木の位牌は葬儀が済んで火葬した故人様のお遺骨を骨壷に入れて持ち帰り、骨壺に入ったお遺骨と共に自宅の祭壇に四十九日の法要があるまでお祀りいたします。

四十九日の法要の時には予め準備しておいた塗りの正式な位牌を開眼供養してもらい、白木の位牌はお寺さんに届けて焚き上げ供養してもらいます。この時の塗りの位牌が正式な位牌であり、通常はこの塗りのお位牌を使い続けることになります。

四十九日の法要が済みましたら祭壇は葬儀社が無料で引き取ってくれることが多いので、聞いてみて下さい。

白木の位牌の目的としては亡き人の霊がだんだんと体から離れていきますので、霊を位牌に引き留めておいて自分の身体が亡くなったということを理解してもらうことと、遺体を葬儀場や火葬場に移動する時に迷わぬようにするのが最大の目的であり、葬儀の時には僧侶の引導の後に続き、必ず喪主が位牌を持ち、霊が迷わぬように道案内するのです。

お墓が無いとか、お葬式の後の法要をしていないなどの場合には、白木の位牌をそのまま使い続けておられることがありますが、白木の位牌というものは、お葬式の流れの中だけで使う臨時的なものですので、いつまでも使うものではありません。また、こういった場合にはお葬式に使った故人様の写真に付いても白黒のリボンが付いたままだったりしますが、白黒のリボンも四十九日が過ぎましたら外すものでございます。

いつまでも白木のお位牌を使い続けますと、正式な位牌を作るお金をケチったとか思われますし、故人様に対して失礼なことかもしれません。位牌を作らないのなら、なるべく早めにお焚き上げ供養してもらうか、または正式な塗りの位牌を作って魂を入れてもらう方が良いでしょう。

白木位牌を使い続けて良いですか-処分、お焚き上げの方法

戒名付き位牌にデザイン位牌追加

デザイン位牌

高野山真言宗やすらか庵では「戒名授与して位牌を作り開眼供養して送料込みで3万円」の戒名付き位牌の企画に新たにデザイン位牌を追加しました。デザイン位牌はピュア、ピュアゴールド、フロンティア、フロンティアゴールドの4種類があり、どれを選んでも5千円の追加で利用出来ます。

デザイン位牌は現代的な仏壇の中に入れても合いますが、仏壇無しでそのままお祀りしても見栄えがします。

仏壇無しの場合には下に敷物などを引いて亡き人の写真と共にお祀りすれば小さなスペースでも可能で御座います。

亡き人のお葬式をしなかったとか、家族葬で簡単に済ませて戒名を貰わなかったなどの方で、後になってからやはり戒名を頂こうか、そして位牌も作ろうかと言う方がたくさん利用されています。

位牌は亡き人と交流するための大切な依り代で御座います、一生の宝物となるもので御座います。

詳しくは…戒名付きデザイン位牌

お葬式をしていない故人に戒名を

戒名を付けよう

戒名とは俗世間から仏門に入ったことの証として釈迦の弟子になったということで師僧から与えられる仏弟子としての名前です。

この世の世界に居ながらでも真の幸せを目指し、真実を追求していく釈迦の弟子としての系譜に一人加わったということで、血縁関係ではない、法を受け継ぐ者としての修行をしていくべく仏教の戒律を守りますよ、と言う意味での戒名なのであり、法名とも言います。

本来は生きている人が仏門に入って、その証として頂くものですが、我が国では何故かしら死んだ人が頂く名前になっていますし、上中下のランクがあるから驚きです。

仏教の修行は簡単なものではなくて難行苦行は生きている時には出来ないから、死んでから修行しますと言う実に都合の良い考えなのですが、そういう話は今は置いておきます。

少なくとも位牌は亡き人との心の交流が出来る物ですから、作っておいて損ではありません、高野山真言宗やすらか庵では戒名授与、位牌作成、開眼供養、送料込みで3万円という企画があります。

直葬や家族葬などで簡単な葬儀で済ませて、後になって位牌を作る方が増えています。

亡き人に対するプレゼント

位牌を作ろう

最近のお葬式は少人数であまりお金を掛けずにという形が定着し、家族葬が主流になってきましたが、お葬式もすることなく、病院から火葬場に直行する直葬と言われる方法を利用される方も多く、単にお金を掛けないというだけではなくて、故人の生前中の遺言で、葬式無し、墓不要と言った主張を持った方の利用も実際にはあるのです。

確かに葬式というものは利益主義の葬儀社が作り出した演出がわざとらしいと感じる方も多く、形式的なことを嫌う人でしたら余計な事はしなくて良い、余計なお金は使わなくて良いと思う気持ちも分かります。

実際に中身の問題としてですが、亡き人をそのような形でお送りしたとしても、もうちょっと何かして差し上げれば良かったかなと思う気持ちはあるもので、そういう時に高野山真言宗やすらか庵の3万円で戒名を付けて位牌を作るという企画の利用価値は高く、亡き人に対して手を合わせ続ける神聖な物としての位牌は亡き人に対するプレゼントとしても決して高価な物では無いけれど、一生使える物として価値ある物なのです。

戒名付き位牌は全国対応

戒名付き位牌は全国対応

高野山真言宗やすらか庵の戒名付き位牌は全国対応、どなたでもご利用になれますし、特定の宗旨宗派にこだわらない活動をしており、檀家料や寄付金などはいっさいありませんので、安心して利用することが出来ます。

信士信女の戒名を授与して位牌を作り開眼供養して送料込みで3万円の特別企画は、一度頼めば位牌が出来上がってしかも開眼供養までしてくれて宅配便で届けてもらえるのですから、高い戒名料や高価な位牌を買わなくて済み、しかも開眼供養の御布施も不要でと、至れり尽くせりの企画でございます。

この素晴らしい企画はどこにお住まいの方でもご利用になれますので、お葬式をしていないとか、戒名を頂いていないなどの方は是非ご利用下さいませ。

白木の位牌とは

白木の位牌とは

白木の位牌とは葬儀の時に使う位牌で、亡き人の魂を導くものであり、四十九日までに使う仮の位牌で、亡くなった人の名前や没年月日、年齢などを書いたり紙で貼り付けたりするもの。

仏式で葬儀をして戒名を頂いたような場合には戒名が記載されます。

四十九日までお祀りしたら新しい塗りの位牌を作って開眼供養と共に白木の位牌をお寺さんに引き取ってもらうか、新しい位牌を作らないのであれば葬儀社に引き取ってもらうか、お焚き上げ供養に出します。

最近の白木の位牌はとても大きいので、高野山真言宗やすらか庵のレターパックプラスを使ったお焚き上げ供養を利用する場合には、戒名の書かれた板の部分を引き抜いて2分割すれば少し小さくなります。

戒名は生きている時に貰うもの

戒名は生きている時に貰う

戒名は仏門に入った証として師匠から弟子に授けるもので、お釈迦様の弟子になって新しく生まれ変わったということで新しい名前を頂くのです。

現代の我が国での戒名は亡くなってから貰うものということが定着していますが、仏門に入って仏弟子になるには戒律を守ることが条件であり、戒律と言っても例えば不殺生戒、他人を殺すということは無いでしょうが、生き物を殺して食べたりすることは直接的ではないにしろ日常茶飯事なので、到底守れるものではありません。

そこで亡くなってから仏門に入って修行すれば良いということになるのですが、修行というものはすぐに悟れるというような簡単なものではありませんので、気が付いた時に始めないと遅いのです。

ですから生きている時に戒名を頂くのが正解で、戒名を頂くということは仏門に入るということで、戒律を守って毎日が修行なのです。

高野山真言宗やすらか庵では戒名授与いたします、戒名付き位牌も出来ます。

皆様が気軽に仏門に入って頂くきっかけになればと思います。

位牌は木でないといけない

位牌を作ろう

位牌は形からして古臭いと言いますか、陰気な感じがすると言われても仕方なく、最近ではクリスタルで出来た明るい感じの位牌などが流行りの様ですが、位牌はガラスではダメなことをご存知でしょうか。

神仏や先祖が天から降りて来る所の事を依り代といいますが、昔から木や石、山などの自然の中に降りて来るのであって、木の場合にはご神木、石の場合には磐座、山の場合には山がご神体として崇められているのです。

位牌はご先祖の霊が天から降りて来るための依り代であって、木で出来ているのは、自然の生成物の一部だからなのです。

形にしても台座の上に戒名板が乗っていて、亡き人の戒名や没年月日、俗名、享年などを彫り込むようになっていて、宗教用具としての機能を果たしているのです。

高野山真言宗やすらか庵では戒名付き位牌を3万円でお作りして開眼供養してお渡ししています。

また古い位牌のお焚き上げ供養も実施していますのでどうぞご利用くださいませ。