東京湾チャーター散骨

東京湾チャーター散骨

NPO法人やすらか庵では東京湾チャーター散骨を常時受け付けています。NPO法人は国の認証を受けた団体ですので、散骨を頼むにしても安心ですし、公共の福祉の為と言う目的がありますので、どなたでもご利用になれます。

東京湾チャーター散骨は小型船と大型船があり、

☆小型船やすらか丸は5名様まで乗船可…99,800円(消費税込) 市川市行徳出航

☆大型船は30名様まで乗船可…231,000円(消費税込) 横浜大さん橋付近出航

家族の方がご一緒に、或いは親戚や親しい人などを呼んで多くの人が参加してお見送りすれば、故人様もきっと喜んで頂けます。

どちらのコースも粉骨、船チャーター、散骨儀式、写真撮影、散骨証明書などの必要なものは一切含まれた料金で御座います。

お問合せ、お申し込みは☎0120-655-480 NPO法人やすらか庵

即日散骨とは

即日散骨

即日散骨とは1日で粉骨と散骨を立ち合いで済ませる散骨のことで、巷の業者ですと遺骨はお宅まで引き取りに行ってから粉骨し、散骨当日に持って来るようになっていますが、その間は依頼主の元を離れていますので、どういった扱いを受けているかわかりませんので、とても不安です。

NPO法人やすらか庵では粉骨も散骨も全て立会いで、可能ならば皆さんに参加して頂くようにしていますので、最高の安心が得られることと思います。

海の即日散骨の場合、朝10時にお遺骨を持ってNPO法人やすらか庵に来れば立ち合いで粉骨して散骨の準備を整え、出航場所まで向かい乗船して沖合で立会い散骨をいたします。午後1時半には帰港、解散いたします。

全ての行程が立会いの散骨は充実感と満足感が最高の物であると確信しております。

散骨業者の選び方

散骨業者

散骨業界は届け出不要で許認可制でもありませんので、誰でも開業することが出来ます。散骨自体がここ10年程で急速に広まったこともあり、近年は特に新しい散骨業者が続々と誕生しています。

散骨業者の選び方で大切な点は、事務所などが実態のあること、ある程度の経験を積んだ人がしていること、少なくとも10年以上続けている業者が理想です。

散骨に関しては皆さんあまり経験が無いので、業者の不手際があったにしても気が付かないかと思います。しかし、葬祭に慣れていない人の言動はすぐに分かるものです。

悪徳業者の話も聞きますので、くれぐれも気を付けて選びたいものです。

散骨は参加することに意義がある

参加する散骨

近年は葬送の簡略化に伴って、例えば葬儀でしたら大人数が参加する葬式よりも少人数での家族葬が主流になりましたが、家族葬にしても更に少人数化が進んでいます。

場合によっては葬式もしない直葬というスタイルが結構選ばれているようですが、葬儀に対して価値観が見出されない、或いは金銭の節約のためといった目的があるようです。

そもそも、亡き人をあの世に送るということは、皆で寄り添って亡き人に声をかけ、体と心を使い参加することで協力し合うという温かい絆があってこそ、安心してあの世に旅立てるのですが、そういった温かみが希薄になることで、家族としての、或いは民族としての絆が薄くなっていくことに危機感を感じます。

散骨は後継者がいない方が主に利用されますが、今の時代こそ、多くの人が参加して故人を温かく送り出すことが必要ではないかと思う次第です。

海の即日散骨

海の散骨-即日散骨

海の散骨の中でも、「海の即日散骨」のご案内です。

東京湾散骨で、5名様まで乗船出来て99,800円の低料金です。

即日散骨とは、お遺骨をもって午前10時にやすらか庵に来れば、

立会いで粉骨して港に向かい、船を出して立ち合いで散骨しますので、

全て立会いの納得の散骨が午後1時半頃には修理用いたします。

一日で散骨の全てが立ち合いで出来るという、

大変に中身の濃い企画です。

中々時間が取れない方や、全てに立ち合いを希望される方には、

大変に喜んで頂いているコースです。

僧侶が行う散骨

僧侶が行う散骨

高野山真言宗やすらか庵では、

僧侶の清野徹昭が散骨の導師をしています。

僧侶が行う散骨は、現代社会に於いて葬祭の簡略化が進む中で、

散骨を宗教として捉え、

故人を送るための儀式として取り組んでいます。

遺骨をお墓に納骨しても無縁仏になるばかりでしたら、

大自然にお還しして、

形にこだわらぬ魂の供養の実践を提案いたします。