亡き人に対するプレゼント

位牌を作ろう

最近のお葬式は少人数であまりお金を掛けずにという形が定着し、家族葬が主流になってきましたが、お葬式もすることなく、病院から火葬場に直行する直葬と言われる方法を利用される方も多く、単にお金を掛けないというだけではなくて、故人の生前中の遺言で、葬式無し、墓不要と言った主張を持った方の利用も実際にはあるのです。

確かに葬式というものは利益主義の葬儀社が作り出した演出がわざとらしいと感じる方も多く、形式的なことを嫌う人でしたら余計な事はしなくて良い、余計なお金は使わなくて良いと思う気持ちも分かります。

実際に中身の問題としてですが、亡き人をそのような形でお送りしたとしても、もうちょっと何かして差し上げれば良かったかなと思う気持ちはあるもので、そういう時に高野山真言宗やすらか庵の3万円で戒名を付けて位牌を作るという企画の利用価値は高く、亡き人に対して手を合わせ続ける神聖な物としての位牌は亡き人に対するプレゼントとしても決して高価な物では無いけれど、一生使える物として価値ある物なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です