白木の位牌を使い続けることについて

白木の位牌を使い続ける事について

白木の位牌とは、葬儀の時に使う位牌で、無地の白木に筆で戒名などを書いたり、戒名などを書いた紙を貼り付けたりするものです。

葬儀の時に使うものは、予め準備しておいたようなものは使いません。死ぬことを待っていたかのように思われるからなのです。そういう意味では白木の位牌は無地の物であり、亡くなって初めて準備する物なのです。

白木の位牌は葬儀が済んで火葬した故人様のお遺骨を骨壷に入れて持ち帰り、骨壺に入ったお遺骨と共に自宅の祭壇に四十九日の法要があるまでお祀りいたします。

四十九日の法要の時には予め準備しておいた塗りの正式な位牌を開眼供養してもらい、白木の位牌はお寺さんに届けて焚き上げ供養してもらいます。この時の塗りの位牌が正式な位牌であり、通常はこの塗りのお位牌を使い続けることになります。

四十九日の法要が済みましたら祭壇は葬儀社が無料で引き取ってくれることが多いので、聞いてみて下さい。

白木の位牌の目的としては亡き人の霊がだんだんと体から離れていきますので、霊を位牌に引き留めておいて自分の身体が亡くなったということを理解してもらうことと、遺体を葬儀場や火葬場に移動する時に迷わぬようにするのが最大の目的であり、葬儀の時には僧侶の引導の後に続き、必ず喪主が位牌を持ち、霊が迷わぬように道案内するのです。

お墓が無いとか、お葬式の後の法要をしていないなどの場合には、白木の位牌をそのまま使い続けておられることがありますが、白木の位牌というものは、お葬式の流れの中だけで使う臨時的なものですので、いつまでも使うものではありません。また、こういった場合にはお葬式に使った故人様の写真に付いても白黒のリボンが付いたままだったりしますが、白黒のリボンも四十九日が過ぎましたら外すものでございます。

いつまでも白木のお位牌を使い続けますと、正式な位牌を作るお金をケチったとか思われますし、故人様に対して失礼なことかもしれません。位牌を作らないのなら、なるべく早めにお焚き上げ供養してもらうか、または正式な塗りの位牌を作って魂を入れてもらう方が良いでしょう。

白木位牌を使い続けて良いですか-処分、お焚き上げの方法

戒名付き位牌にデザイン位牌追加

デザイン位牌

高野山真言宗やすらか庵では「戒名授与して位牌を作り開眼供養して送料込みで3万円」の戒名付き位牌の企画に新たにデザイン位牌を追加しました。デザイン位牌はピュア、ピュアゴールド、フロンティア、フロンティアゴールドの4種類があり、どれを選んでも5千円の追加で利用出来ます。

デザイン位牌は現代的な仏壇の中に入れても合いますが、仏壇無しでそのままお祀りしても見栄えがします。

仏壇無しの場合には下に敷物などを引いて亡き人の写真と共にお祀りすれば小さなスペースでも可能で御座います。

亡き人のお葬式をしなかったとか、家族葬で簡単に済ませて戒名を貰わなかったなどの方で、後になってからやはり戒名を頂こうか、そして位牌も作ろうかと言う方がたくさん利用されています。

位牌は亡き人と交流するための大切な依り代で御座います、一生の宝物となるもので御座います。

詳しくは…戒名付きデザイン位牌

お焚き上げの料金

お焚き上げの料金

お焚き上げにかかる費用は、お焚き上げ供養料と郵送または宅配料の合計となり、様々な業者がいろんなメニューを出しています。

業者として行っている所が殆どであり、ホームページを管理している業者が窓口としてお焚き上げを受け付けて、実際のお焚き上げは提携している神社にしてもらうというパターンが多く、神社の名前が多数書いてあったり、有名神社とか〇〇年の歴史あるなどが書いてあったりしますが、実際にお焚き上げが行われている画像が殆どないので、知られてはまずいことがあるのではないかとさえ思ってしまいます。

高野山真言宗やすらか庵のように業種を介さずに自ら受付からお焚き上げ供養まで行っている寺院もありますが、それでも実際にお焚き上げを行っている写真を豊富に掲載している所はほとんど無い状態です。

環境問題や煙の苦情などからお焚き上げ自体の開催が困難になっており、環境対策済の炉でお焚き上げを行う寺院もあり、また仏壇などはお焚き上げと言いながら僧侶が閉眼供養する写真を証明書として送り、仏壇は解体して焼却業者に渡すという苦肉の策をしている業者もあります。

高野山真言宗やすらか庵のお焚き上げ供養料金はお焚き上げ品を入れる入れ物によって料金が変わり、最安が定型郵便利用のお焚き上げ供養料500円で、位牌も入れられるレターパックプラスのお焚き上げ供養料は3千円、他には遺品整理をされる方のために160サイズダンボールお焚き上げ供養の複数割引などがお得でおすすめです。

お葬式をしていない故人に戒名を

戒名を付けよう

戒名とは俗世間から仏門に入ったことの証として釈迦の弟子になったということで師僧から与えられる仏弟子としての名前です。

この世の世界に居ながらでも真の幸せを目指し、真実を追求していく釈迦の弟子としての系譜に一人加わったということで、血縁関係ではない、法を受け継ぐ者としての修行をしていくべく仏教の戒律を守りますよ、と言う意味での戒名なのであり、法名とも言います。

本来は生きている人が仏門に入って、その証として頂くものですが、我が国では何故かしら死んだ人が頂く名前になっていますし、上中下のランクがあるから驚きです。

仏教の修行は簡単なものではなくて難行苦行は生きている時には出来ないから、死んでから修行しますと言う実に都合の良い考えなのですが、そういう話は今は置いておきます。

少なくとも位牌は亡き人との心の交流が出来る物ですから、作っておいて損ではありません、高野山真言宗やすらか庵では戒名授与、位牌作成、開眼供養、送料込みで3万円という企画があります。

直葬や家族葬などで簡単な葬儀で済ませて、後になって位牌を作る方が増えています。

お焚き上げ供養窓口

お焚き上げ窓口

高野山真言宗やすらか庵のお焚き上げ供養窓口はお焚き上げ供養のカード決済がオンラインで出来るようになっています。

皆さんがよく利用されるネット通販でのお買い物かごに入れる方法と同じ方法でカード決済が出来ますので、とても便利で、決済が済めばお焚き上げ品の送り方のダウンロードが出来ますので、その案内に従ってすぐに荷造り発送が出来るのです。

そしてカード決済された方には固有の番号が付与されますので、その番号を書いて送って頂ければ、決済が済んだお焚き上げ品として受け付けられます。

注文して何かが車でっまたりすることがありませんので、例えば遠方での出かけ先で遺品整理をしている時などにはお焚き上げ品がどれ位の量になるかの予測が付きませんので、現地で決済、発送が済ませられることはとても便利で有難いことだと思います。

亡き人に対するプレゼント

位牌を作ろう

最近のお葬式は少人数であまりお金を掛けずにという形が定着し、家族葬が主流になってきましたが、お葬式もすることなく、病院から火葬場に直行する直葬と言われる方法を利用される方も多く、単にお金を掛けないというだけではなくて、故人の生前中の遺言で、葬式無し、墓不要と言った主張を持った方の利用も実際にはあるのです。

確かに葬式というものは利益主義の葬儀社が作り出した演出がわざとらしいと感じる方も多く、形式的なことを嫌う人でしたら余計な事はしなくて良い、余計なお金は使わなくて良いと思う気持ちも分かります。

実際に中身の問題としてですが、亡き人をそのような形でお送りしたとしても、もうちょっと何かして差し上げれば良かったかなと思う気持ちはあるもので、そういう時に高野山真言宗やすらか庵の3万円で戒名を付けて位牌を作るという企画の利用価値は高く、亡き人に対して手を合わせ続ける神聖な物としての位牌は亡き人に対するプレゼントとしても決して高価な物では無いけれど、一生使える物として価値ある物なのです。

家に籠ってお片付け

お片付け

新型コロナはもう世界中に拡がってしまっていますので、自分の国だけなんとかなればそれで良いということにはならずに、うつしうつされ、世界中を回ってまた戻って来るのですから、こういう時には急がず焦らず、じっと耐え偲ぶしか他に方法はありません。

我慢の限界が来たら暴動が始まるので要注意、常に落ち着いた行動をするように致しましょう。

また外出は極力控えて、こういう時こそ普段はなかなか出来ないお掃除をして、汚れている所は特に入念に綺麗にしてウイルスの侵入を防ぎましょう。

お片付けで古い御札やお守りなどが出て来たらそのままにせずに、お焚き上げ供養を利用して天にお返し致しましょう。

 

ウイルスもお焚き上げ

ウイルスもお焚き上げ

新型コロナは世界中に撒き散らかされてもう歯止めが効かない状態になりましたが、ウイルス拡散と同時に不況の波も押し寄せて、我が国でも観光、レジャー、運送、運輸、飲食業を筆頭にあらゆる産業に影響しています。

学校も休校になり、仕事も在宅勤務になった方も多いかと思います。

自営業の方は自粛の影響を受けて仕事が激減し、自宅待機という方もおられるかと思います。

私の仕事は葬祭の中でも葬儀のように緊急性を要することではありませんので、例えば散骨供養でも延期にしたり、しばらく様子を見るような方が多いのです。

こういう時には家の中をお片付けするのが前向きな方法です。

整理整頓は良い仕事の絶対条件ですので、とにかく気が付いた所からお片付けし、こういう時にもし古い御札やお守りなどを見つけたら神様に失礼な事なので、お焚き上げ供養に出しましょう。

 

次回のお焚き上げ供養

次回のお焚き上げ供養

高野山真言宗やすらか庵の次回のお焚き上げ供養は5月8日午後1時開催の予定です。

当日のお焚き上げ品の持ち込みも受付いたしますので、直接高野山真言宗やすらか庵までお越しくださいませ。

当日来られた方にはお焚き上げ供養を立ち合いで実施すると共にお祓い供養も無料でして差し上げます。

今年度になってお預かりしていた全国からのお焚き上げ供養品をお焚き上げ供養致します。

毎日読経供養致しておりますので、それだけでも十分と言えるほどの供養はしていますが、お焚き上げ供養本番では皆様の願いや気持ちを天に届けるべく修法させて頂きます。

年忌法要早見表

年忌法要早見表

亡き人の供養をするのに何回忌の法要を何時すれば良いのかが分かる早見表はとても便利です。

高野山真言宗やすらか庵で作成した年忌法要早見表は分かり易くて好評です。

高野山真言宗やすらか庵の年忌法要早見表エンター

法事というものは寺院などの誰かに押し付けられてするものでは無くて、自主的にするから供養になるのであり、亡き人に対して何かして差し上げたいという気持ちこそが大切なのです。

法事には寺院の本堂で行う上げ法事、ホールを借りて行う法事、自宅で行う法事などがあり、その時の規模や来られる人数などを考慮して決めます。