立会い粉骨とは

立会い粉骨

粉骨とは散骨するなどの目的のために亡き人のお遺骨を粉状にすることですが、近年では散骨や粉骨業者が雨後の筍のように林立し、低価格競争をしていますので、粉骨の仕方としては電動のミルサーに遺骨を入れてカッターの刃で高速回転させる方法が主流です。

機械に遺骨を入れてスイッチを入れれば誰がやっても同じこと、亡き人の遺骨が尊厳も無く高速カッターで粉砕されてしまいます。

NPO法人やすらか庵では設立当初から機械を使わずに手作業での粉骨にこだわっています、それは粉骨が葬送の儀であるからなのです。

そしてなるべくたくさんの方に立合って頂ければと思います、亡き人をお送りする大切な儀式だからです。

手作業の粉骨

手作業の粉骨

やすらか庵の粉骨は手作業の粉骨です。

手作業で行うには理由があります、

遺骨というものは本来なら長い時間をかけて

ゆっくりと自然に還っていくものであり、

自然の力に任せるものですが、散骨という目的のために敢えて

人間の手を加えて時間を短縮してしまうのですから、

せめて奉仕の心で、亡き人に対して供養の心で行えば

亡き人も満足して頂けるのです。

亡き人に対して、何か自分が出来ることをして差し上げたい、

お葬式の時には周りの状況に流されてしまって、

故人様に対して何もして差し上げることが出来なかった、

と思う方にはとても素晴らしい供養の作業です。