お焚き上げの不動明王

お焚き上げの不動明王

高野山真言宗やすらか庵のお焚き上げ供養の御本尊様は不動明王です。不動明王は後ろに火炎を背負っていることから、火で煩悩を焼き尽くすという大切な役割を果たされています。

私達の心の中には自分勝手な利益や自己満足が誰にでもあり、そういった煩悩によって人を傷つけたり、不幸にしてしまったりしているのです。

仏の世界では自分の幸せよりも他の幸せを願う事が大切であり、他の幸せを願う心が真の幸せであることから、自分中心の思いを焼き尽くすことを説かれています。

不動明王はとても厳しいお方ではありますが、困った時には力に成って下さるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です