年忌法要早見表

年忌法要早見表

亡き人の供養をするのに何回忌の法要を何時すれば良いのかが分かる早見表はとても便利です。

高野山真言宗やすらか庵で作成した年忌法要早見表は分かり易くて好評です。

高野山真言宗やすらか庵の年忌法要早見表エンター

法事というものは寺院などの誰かに押し付けられてするものでは無くて、自主的にするから供養になるのであり、亡き人に対して何かして差し上げたいという気持ちこそが大切なのです。

法事には寺院の本堂で行う上げ法事、ホールを借りて行う法事、自宅で行う法事などがあり、その時の規模や来られる人数などを考慮して決めます。

戒名付き位牌は全国対応

戒名付き位牌は全国対応

高野山真言宗やすらか庵の戒名付き位牌は全国対応、どなたでもご利用になれますし、特定の宗旨宗派にこだわらない活動をしており、檀家料や寄付金などはいっさいありませんので、安心して利用することが出来ます。

信士信女の戒名を授与して位牌を作り開眼供養して送料込みで3万円の特別企画は、一度頼めば位牌が出来上がってしかも開眼供養までしてくれて宅配便で届けてもらえるのですから、高い戒名料や高価な位牌を買わなくて済み、しかも開眼供養の御布施も不要でと、至れり尽くせりの企画でございます。

この素晴らしい企画はどこにお住まいの方でもご利用になれますので、お葬式をしていないとか、戒名を頂いていないなどの方は是非ご利用下さいませ。

散骨供養と樹木葬

樹木葬

散骨供養樹木葬の一番大きな違いは「埋葬」であるかどうかということで、埋葬とはお墓に納骨することであり、お墓は墓地として認証された場所しか出来ません。

散骨供養は埋葬ではありませんので、遺骨を自然の中に埋めますと違法になります。

埋葬は土の中に埋めるという事ですから、墓地で遺骨を土の中に埋める事は全く問題ありませんし、火葬が済んだ焼骨を形のあるままで埋葬しても問題ありません。

散骨とは遺骨を粉状に粉骨して自然の中に散布することです。

しかし散骨供養では遺骨を粉所にする粉骨供養しても、自然の中に埋葬する事は出来ませんが、散布することは合法です。

埋葬行為は墓地霊園でしか出来ませんし、埋葬するには埋葬許可証が必要ですが、散骨では出来ないお墓参りが出来るのです。

白木の位牌とは

白木の位牌とは

白木の位牌とは葬儀の時に使う位牌で、亡き人の魂を導くものであり、四十九日までに使う仮の位牌で、亡くなった人の名前や没年月日、年齢などを書いたり紙で貼り付けたりするもの。

仏式で葬儀をして戒名を頂いたような場合には戒名が記載されます。

四十九日までお祀りしたら新しい塗りの位牌を作って開眼供養と共に白木の位牌をお寺さんに引き取ってもらうか、新しい位牌を作らないのであれば葬儀社に引き取ってもらうか、お焚き上げ供養に出します。

最近の白木の位牌はとても大きいので、高野山真言宗やすらか庵のレターパックプラスを使ったお焚き上げ供養を利用する場合には、戒名の書かれた板の部分を引き抜いて2分割すれば少し小さくなります。

高野山真言宗やすらか庵の散骨供養

高野山真言宗やすらか庵の散骨供養

巷の業者の散骨は亡き人をお送りするという意識が全く無く、儀式こそすれあくまでも参列者にとって思い出深いお別れの儀という程度であり、ひどい業者になりますと遺骨の処分としての散骨であり、散骨は一歩間違えば亡き人を無縁仏にしてしまいます。

高野山真言宗やすらか庵では代表僧侶が散骨供養を始めてから20年経ちますが、始めた当初から後継者の居ない方が安心して利用できる散骨、供養のための散骨、亡き人をお送りする葬送の儀としての散骨という基本姿勢を崩しておりません。

今の時代人口の減少、少子高齢化、核家族化、超高齢化、多死社会などの諸現象が確実に進行する中で後継者の居ない高齢者の住む家はやがて空家になり、お墓も墓じまい、そして散骨の増加はある意味社会現象になっているのです。

また葬儀の簡略化が進み、今では葬儀無しで病院から火葬場に直行する直葬が人気であるなど、亡き人をお送りすることもとても内容の無い淡白なものになりつつあります。

亡き人をお送りするのは今生きている人達の務めであり、やがては自分達も送られる身になるのですから、亡き人に対しては手厚く心を込めて供養して送って差し上げることが大切であり、散骨にしても捨てるような散骨をすればやがて自分も捨てられるのですから、そのようなことにならないように、感謝の心で持って供養の気持ちで送り出して差し上げましょう。

供養が大切

供養が大切

供養とは神仏、亡き人などの目に見えない相手に対して感謝の気持ちを表し、感謝の気持ちを手向けることであり、感謝の気持ちは誰かに押し付けられるようなものではなくて、自分の心の中から自然に出て来るものです。

法事などの先祖供養にしても寺院の方から案内のハガキが来たからと法事を申し込むのではなくて、本来はいつも守って頂いてありがとうと、自分の心の中にある感謝の気持ちから出てくるものなのです。

散骨供養にしても然り、本来はお墓に納骨してゆっくり眠って頂くのが世の中の流れであり、皆が選ぶ選択肢なのですが、お墓に入れなくて御免なさいね、でも読経付の散骨供養にしてもらいましたから、私も後から行きますから、という気持ちでお見送りすれば亡き人も納得して頂けます。

行く所は皆同じ、皆平等という思いがあれば誰もが納得するのです。

戒名は生きている時に貰うもの

戒名は生きている時に貰う

戒名は仏門に入った証として師匠から弟子に授けるもので、お釈迦様の弟子になって新しく生まれ変わったということで新しい名前を頂くのです。

現代の我が国での戒名は亡くなってから貰うものということが定着していますが、仏門に入って仏弟子になるには戒律を守ることが条件であり、戒律と言っても例えば不殺生戒、他人を殺すということは無いでしょうが、生き物を殺して食べたりすることは直接的ではないにしろ日常茶飯事なので、到底守れるものではありません。

そこで亡くなってから仏門に入って修行すれば良いということになるのですが、修行というものはすぐに悟れるというような簡単なものではありませんので、気が付いた時に始めないと遅いのです。

ですから生きている時に戒名を頂くのが正解で、戒名を頂くということは仏門に入るということで、戒律を守って毎日が修行なのです。

高野山真言宗やすらか庵では戒名授与いたします、戒名付き位牌も出来ます。

皆様が気軽に仏門に入って頂くきっかけになればと思います。

位牌は木でないといけない

位牌を作ろう

位牌は形からして古臭いと言いますか、陰気な感じがすると言われても仕方なく、最近ではクリスタルで出来た明るい感じの位牌などが流行りの様ですが、位牌はガラスではダメなことをご存知でしょうか。

神仏や先祖が天から降りて来る所の事を依り代といいますが、昔から木や石、山などの自然の中に降りて来るのであって、木の場合にはご神木、石の場合には磐座、山の場合には山がご神体として崇められているのです。

位牌はご先祖の霊が天から降りて来るための依り代であって、木で出来ているのは、自然の生成物の一部だからなのです。

形にしても台座の上に戒名板が乗っていて、亡き人の戒名や没年月日、俗名、享年などを彫り込むようになっていて、宗教用具としての機能を果たしているのです。

高野山真言宗やすらか庵では戒名付き位牌を3万円でお作りして開眼供養してお渡ししています。

また古い位牌のお焚き上げ供養も実施していますのでどうぞご利用くださいませ。

新しい不動明王

新しい不動明王

高野山真言宗やすらか庵に新しい不動明王がやってきました。

不動明王は火炎を背にして煩悩を焼き払うことから、護摩の本尊としてお祀りされていますが、御縁がありましてお迎えいたしましたので、個別お焚き上げ供養を行うお焚き上げ場として整備させて頂きました。

物に憑いた因縁でお悩みの方、捨てようとしても捨てきれない物で悩み苦しんでいる方に朗報です、個別のお焚き上げ供養とお祓いの両方が出来ますので、これまでの悩み苦しみから解放されると共に、生きる希望が湧いてきます。

是非お電話で背ご予約の上でご利用くださいませ。

高野山真言宗やすらか庵 0120-655-480

お焚き上げがオンライン決済できるサイト

お焚き上げのオンライン決済

高野山真言宗やすらか庵お焚き上げ供養窓口のサイトでは高野山真言宗やすらか庵のお焚き上げ供養のオンライン決済が出来て、カード決済が済めばすぐにお焚き上げ供養品を送ることが出来るので、とても便利です。

このサイトの中には高野山真言宗やすらか庵のお焚き上げ供養のメニューがあって、カード決済が出来るようになっていて、決済が済みますとすぐに固有番号が案内されて、お焚き上げ供養品の送り方がダウンロード出来ますので、後はそれに従ってお焚き上げ供養品を送るだけです。

決済が済めばすぐにお焚き上げ供養品が送れるのでメールや郵便を待ったりすることがありません。

急にお焚き上げを送ることになった時でもいつでも対応出来ますので、とても便利なシステムです。

どうぞ安心してご利用になってくださいませ。