無縁仏とは

無縁仏

無縁仏とはお参りする人のいなくなってしまったお墓のことで、

管理する人がいないので、荒れ放題になってしまいますし、

草木が生えて隣近所のお墓の所有者に迷惑になることもあります。

何よりもお墓の中のご先祖様が一番心苦しい思いをするのではないでしょうか。

子孫長久を願って造ったお墓も、子孫の者がお参りしている内は幸せですが、

誰も参ることの無くなったお墓は、

ご先祖様にとって永遠の苦しみとなるのです。

墓じまいという方法があります、やむを得ない方法ですが、

生きている者とご先祖様の両方が納得できる方法なのです。

喉仏供養

喉仏供養

喉仏供養とは、全てのお遺骨の魂を喉仏だけに移し替えて、

その喉仏を粉骨して御守袋に入れて開眼供養し、

お守り袋のお遺骨をいつまでも大切にして頂こうと

はじめたものです。

お遺骨はたくさんあると、お墓に納骨する必要が出てきたり、

お家に安置していても、大きくて存在感が負担になるものです。

その威圧感の負担を無くし、たとえ後継者がいなくても

いつまでもお遺骨を大切に出来るのが喉仏供養なのです。